土木建築材料の耐久性・長寿命化に関する実験・解析を行っています

2013/05/06
2012/04/24
2011/06/10
2010/04/27
2008/05/07
2008/05/01
2006/03/17
2005/04/22
2004/04/24
2003/07/11

研究室の紹介

研究のテーマ

本研究室では,重要な建設材料であるコンクリートを主な対象として,持続可能な社会の実現と社会基盤の合理的な維持管理,劣化構造物の再生に関する研究を行っています。

環境に配慮したコンクリートの研究
  • 生物と共生する多孔質コンクリート(ポーラスコンクリート)
  • 廃棄コンクリートのリサイクル(未利用資源の有効利用)
  • 産業副産物の有効利用(フライアッシュの利用)
  • 各種材料の環境負荷(CO2排出量の評価)
コンクリート構造物の劣化診断,耐久性評価と補修に関する研究
  • コンクリート中の鉄筋腐食挙動の評価(混和材添加の影響)
  • 非破壊検査による劣化因子の検出,耐久性評価(近赤外分光法,分極抵抗法)
  • 劣化したコンクリート構造物の補修工法(電気化学的防食工法,デサリネーションなど)
  • 新しい補修材料の評価(複数ひび割れ分散型セメント系複合材料など)
  • 仕上材料によるコンクリートの保護効果の検討
  • 建設用多孔材料の水分の吸放湿と色彩変化の検討



研究室の構成メンバー

STAFF

教授

助教

技術職員
  • 石丸 啓輔 [ISHIMARU Keisuke]  

STUDENTS

博士後期課程 3 年 ・ 1名

博士後期課程 1 年 ・ 1名

博士前期課程 2 年 ・ 4名

博士前期課程 1 年 ・ 4名

学部 4 年 ・ 7名

連絡先

上田 隆雄
住所 : 徳島市南常三島町2−1 徳島大学工学部建設工学科 建設棟 502号室

建設工学科TOPページへ戻る

徳島大学工学部 TOPページへ戻る